"输出型"翻译学习的倡导者 每个人都可以成为翻译家!

原文

  • 吴晓璐 推荐于 2011-12-19 22:27
  • 原文语言:日文
  • 所属分类:社会

6.まとめ

以上、韓日英トライリンガル生徒Tの言語使用をデータにして、トライリンガル生徒の言語能力や言語運用の実態と、環境要因の影響について見てきた。本研究で明らかになったことは以下のような点である。

①優勢言語について:Tの優勢言語は韓国語である。これは出生時の言語環境(日本語優位)ではなく、成長時の家庭的、社会的、教育的言語環境の影響(韓国語優位)で決定されている。このことは社会的な言語環境が母語と異なる場合に、家庭的、教育的な言語環境を整えないと母語を喪失する危険性があることを示唆している。

②母語である両語の言語運用について:言語間の誤用(転移)は思考言語と表出言語が異なる場合に起こりやすく、思考言語から表出言語へ転移が起きやすい。常に優勢言語(韓国語)から非優勢言語(日本語)へと起きやすいわけではない。

③思考言語について:思考言語は常に優勢言語(韓国語)と同じになるとは限らず、置かれた言語環境の影響を受ける。第三の言語環境に置かれるなど、言語環境の影響が少ない場合には優勢言語が思考言語になる。またバイリンガルはモノリンガルに比べ、安定した1つの優勢言語を持っていないため、置かれた言語環境の影響を受けて思考言語が変化しやすい。

これまで日本や韓国は比較的単一的な言語環境が保たれ、そのために、二言語?多言語使用や習得に関する研究は非常に遅れていた。しかしながらグローバル時代を迎え、ボーダーレスの時代に向かう中、日本や韓国においても、二言語、さらには多言語併用環境は今後ますます増加していくことは間違いない。またEUなどでは、地域内で複数の言語が日常的に使用される多言語社会が実現されており、日本や韓国でも2002年のサッカーのワールドカップ共催以降、韓日中(英)の多言語使用が増加しており、今後極東が欧州のような共同体に向かわないとも限らない。国際結婚家庭や外国人労働者、帰国生徒なども増加の一途である。その意味で本研究が行われた意義は決して小さくはないであろう。しかしながら本研究は一人の被験者を扱った事例研究であり、これを直ちに普遍化することはできない。それを解決するためには、今後似たような被験者を探してデータを収集、分析したり、他の言語のトライリンガル生徒などの結果を参考にするなどの方法によって補完していくことが求められる。

本文已经有人翻译了

翻译版本

通晓韩日英三国语言学生的优势语言、思考语言、语言间转移和语言环境间的关系 翻译时间:2012-02-19 07:55
译者:吴晓璐 | 译文语言:中文  | 所属分类:科学  | 审核状态:已审核 
 

关于我们|招聘英才|本站声明|隐私权保护规则|帮助中心|翰译欣翻译

Copyright@ 2013 www.cnposts.com 京ICP备09086341号 京公网安备110107000042

本站保留所有权利未经许可不得转载 本站刊载的所有文章仅代表作者(译者)本人观点 不代表本站立场

"输出型"翻译学习的倡导者---每个人都可以成为翻译家

北京翰译欣翻译有限公司 | Email: info#cnposts.com

我要啦免费统计 技术支持:汉虎网 合作译者群:QQ199194583